文字サイズ

住職日記Diary

ひとこと(平成26年)

公開日:

新年明けましておめでとうございます。ご門徒の皆様におかれましては、慈光のもとお念仏御相続のこと大慶に存じます。

昨春多くのご門徒の貴重な浄財によって本堂等修復および山門新築工事が完了いたしました。あらためて心から厚くお礼申しあげます。

今回の修復で92年なじんできた「赤い屋根の妙寂寺」から「銀屋根の妙寂寺」に眺めも一転しました。旧屋根に使われていた釘をみても建築当時のもと思われる鉄釘竹釘など多種にわたり、永年本堂を守ってきた苦労を感じさせます。これからは、この銀屋根の下で、さらなる聞法の歴史をきざんでいきましょう。

また、傷んでおりました向拝(本堂正面)階段も新しくなり、手すりも付けていただき上がり下りがみやすくなりました。付帯工事も着工し本年秋10月に慶讃法要を勤修いたします。後日ご案内いたしますので皆さんで盛大にお祝をいたしましょう。天童子(稚児)に該当する子供さんがおられたら是非予定しておいて下さい。

どうぞ本年も、当山護持にご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。また、本願寺では本年6月5日~6日法統継承式が挙行され、新しいご門主(住職)が誕生されます。ご門徒の皆様とともに心からお祝いを申し上げましょう。

ご家族ご一同様のご健勝とお念仏ご相続を念じます。

合掌
第17世住職

ひとこと(平成25年)

公開日:

ご門徒の皆様をはじめ有縁の皆様におかれましては、お念仏のうちに新年をお迎えのことと存じます。

昨年より長年の念願でありました本堂屋根および山門新築の工事も、終盤を迎え本年3月にはすべての工事が完了致します。楽しみにお待ちいただきますように。

不景気な今日多くのご門徒の貴重な浄財により完成出来ます事は、住職と致しまして感慨無量であります。あらためてご寄付いただきました事を心からありがたく厚くお礼申し上げます。

今後修復された聞法道場を後世に大切に引き継いでいくことが私たち寺族の努めであると気が引き締まる思いでいっぱいであります。そして、立派な本堂での宗教活動に精進してまいりたいと思いますので、引き続きご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

仏婦活動、年2回のグラウンドゴルフ・ゴルフコンペを沢山のご門徒の方々が心待ちにされております。奮ってご参加ください。

どうぞご門徒の皆様ご健勝にてお念仏ご相続いただきますよう、心より念じ申し上げます。

合掌
第17世住職

ひとこと(平成23年)

公開日:

ご門徒の皆様をはじめ有縁の皆様におかれましては、お念仏のうちに新年をお迎えのことと存じます。大晦日より降っている雪が、元旦には50㎝を超える積雪となり、入寺以来はじめての積雪量です。

いよいよ、本年は親鸞聖人750回大遠忌法要が本山で勤まります。伯耆組においては、来る4月13日・14日団体参拝いたします。すでに定員に近い申し込 みをいただいておりますがまだ若干の余裕がありますので、ご一緒にお参りいたしましょう。2人の孫もお参りいたします。はじめての御本山を見てどのような 表情をするか楽しみです。また当山では、11月19日(土)に勤まりますので、お参りください。

昨年は、仏教婦人会の年間行事である研修旅行を広島県三次市の法正寺様を訪ね、ビハーラ花の里病院をはじめ、老人施設・神経内科病院等々を見学研修させていただき、参加された方々は、内容は勿論施設の凄さに感動され充実した研修旅行でした。

年2回のグラウンドゴルフ・ゴルフコンペを沢山のご門徒の方々が心待ちにされております。奮ってご参加ください。

どうぞご門徒の皆様ご健勝にてお念仏ご相続いただきますよう、心より念じ申し上げます。

合掌
第17世住職

ひとこと(平成22年)

公開日:

ご門徒の皆様をはじめ有縁の方々におかれましては、お念仏のうちに新たな年をお迎えのことと存じます。

伯耆組では、親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け法要が組内勝福寺で勤修され、音楽法要・節談説教(廣陸兼純師)・迦陵頻伽等々のご縁をいただき、300名の参拝者とともに親鸞聖人のご苦労をあらためて偲ばせていただきました。

当山では昨年仏教婦人会が結成されいよいよ活動が始まりました。毎月(2,8,12月除く)16日夜、お勤め・法話・茶話会(仏事質疑)を開いています。浄土真宗の少ない地域なので、特に仏事作法等の質疑応答が喜ばれています。

寺族におきましては、副住職が住職課程で百日間の研修を終え、教化伝道者の一員に加えていただきましたことは歓喜に堪えません。

又、二人の孫娘達とのお夕時お勤め後「今日も一日ありがとうございました」と4歳と2歳の小さな手を合わせながらの大きな声は、今共に生きている喜びを感じるひと時であります。今後も、寺族一同開かれたお寺を目指して努力精進してまいりたいと思いますので、一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。

合掌
第17世住職

住職日記

妙寂寺第18世住職の日常を不定期で書きます。