文字サイズ

掲示板・読み物Board&Reading

Q&A

位牌は使うの?
浄土真宗では使いません。
 本来、位牌は儒教の教えにまつわるものであり仏教とは関係ありません。日本には禅宗と共に鎌倉時代に伝来し、江戸時代に一般化したとされています。
 何かこの位牌には何か宿っていると思われている方も多々おられるかもしれません。ですが、読んで字の如く「位を記した牌」で即ち戒名を記した札です。又、浄土真宗では戒名を用いません。戒名は出家修道者など戒律を守るしるしとして与えられる名前ですので、浄土真宗では仏弟子として「法名(ほうみょう)」を使用します。
 浄土真宗では仏様やご先祖がいつもそばにいらしてくださると味わいます。ですから、浄土真宗では位牌を用いず、過去帳や法名軸を使用致します。もし浄土真宗のご門徒でご自宅に位牌がある場合はご自身で処分頂くか、所属寺の住職にご相談ください。
正座崩しちゃダメ?
浄土真宗での正座は修業ではありません。礼を尽くした正座という作法から、仏様を敬うことを目的としています。ですから、できれば正座をするのが良いでしょう。
 しかしながら、正座が痛くて聴聞がおろそかになってしまったら意味がありません。本末転倒です。あまりに痛い場合は崩しましょう。ですが、足を仏様のほうへ投げ出したり、立て膝をつくなど失礼な態度や見苦しい姿勢は避けましょう。あくまで敬う気持ちを忘れてはなりません。
 また、出来る限りお勤めやご文章の拝読では正座するように心がけましょう。
行事に旗が掲げられていますが、あれは何?
仏旗(ぶっき)と言います。
 かねてから様々な国で掲げられていたのですが、スリランカでの第一回世界仏教徒会議が開かれた1950年に正式に「国際仏旗」となったものです。ですから、浄土真宗に限らず仏教の旗として様々なところで掲げられています。
 5色の色もそれぞれの意味があります。青は仏さまの髪の毛の色で、心乱さす力強く生き抜く力「定根(じょうこん)」を表します。黄は燦然と輝く仏さまの身体で、豊かな姿で確固とした揺るぎない性質「金剛(こんごう)」を表します。赤は仏さまの情熱ほとばしる血液の色で、大いなる慈悲の心で人々を救済することが止まることのない働き「精進(しょうじん)」を表します。白は仏さまの説法される歯の色を表し、清純なお心で諸々の悪業や煩悩の苦しみを清める「清浄(しょうじょう)」を表します。は仏さまの聖なる身体を包む袈裟の色で、あらゆる侮辱や迫害、誘惑などによく耐えて怒らぬ「忍辱(にんにく)」をあらわします。※財団法人日本仏教会より引用