妙寂寺門信徒の皆様向け お付き合いを検討されている方向け 妙寂寺永代合葬墓

文字サイズ

行事案内報告Event

わかば会(2019年度)

更新日:

 本年四月から十二月まで河原町の善正寺様と浄土真宗本願寺派の基礎講座「わかば会」を開講し全八回の講座を開かせて頂きました。

 全国的には大きな仏教教団である浄土真宗本願寺派ですが、鳥取県ではお寺の数も少なく、隣の島根県に比べ十分の一の数になります。その中で私たちが大切にしている浄土真宗の教え、日常生活の中でのお仏壇のことや、葬儀・お念珠などについてお伝えする場を作ってはどうかという話となり、このわかば会は始まりました。

 皆様に気軽に来て頂けるように会場はお寺ではなく倉吉未来中心で行い、各回二十名を超えるご参加を頂きました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

 宗教の存在は亡くなった方の為ではなく、今を生きる私たちが亡くなった方を大切に思いながら、どのように生きていくか問われていくものです。私たちが生きる中で良いこともあれば悪いこともあります。常に変化していく自分と向き合いながら生きていかねばなりません。その生きるヒントを見つけていくことも宗教の存在意義だと思います。

 最初の計画ではご門徒の皆様に浄土真宗のみ教えをお伝えすることを目的としていたのですが、実は私たち僧侶が一番育てられ、学ぶ機会を頂いたと思っています。そして私たち僧侶も精進し続けることの大切さを学びました。

 次回は再来年、令和三年の開講を目指しています。お一人でも多くの方にお越し頂ければ幸いです。

報恩講法座

更新日:

本年度の妙寂寺報恩講法座は島根県大田市西楽寺ご住職の菅原昭生先生をお迎えしてお勤め致しました。とても温かいお取り次ぎを頂き、阿弥陀様のお心がお参りの方に染み渡っていくようでした。又お話しを聞きたいと皆様おっしゃって頂き、尊いご縁となりました。

個人的にもお育て頂いたことは多く、「伝えること」と「伝わること」の違いを再認識させられたご縁でもありました。

仏教婦人会「おみがき会・奉仕作業」

更新日:

仏教婦人会の方々のご参加を頂き、11月5日に「おみがき会・奉仕作業」が行われました。仏具はピカピカになり、境内も綺麗になりました。大切な報恩講法座に向け、本当にありがとうございました。

令和元年念仏奉仕団

更新日:

10月28・29日 善正寺様と共に念仏奉仕団に行って参りました。ご本山の清掃奉仕や合同の宴会、うちの総代さんの計らいで東大寺の大仏を間近で見させて頂いたりと充実の念仏奉仕団でした。ご参加頂いた皆様、お世話頂いた皆様、ありがとうございました。

健康優良表彰

更新日:

先日 市の保険年金課から届け物がありました。何かなと思いましたら「前年度特定健康診査を受診し、かつ1年間療養の給付等を受けられることなく健康に過ごされた被保険者の方の表彰」とのこと。カタログギフト頂きました。健康な体に感謝です。