位牌は使うの?

2014年04月10日(木) 住職(第18世住職)

浄土真宗では使いません。

本来、位牌は儒教の教えにまつわるものであり仏教とは関係ありません。日本には禅宗と共に鎌倉時代に伝来し、江戸時代に一般化したとされています。

何かこの位牌には何か宿っていると思われている方も多々おられるかもしれません。ですが、読んで字の如く「位を記した牌」で即ち戒名を記した札で す。又、浄土真宗では戒名を用いません。戒名は出家修道者など戒律を守るしるしとして与えられる名前ですので、浄土真宗では仏弟子として「法名(ほうみょ う)」を使用します。

浄土真宗では霊魂などの概念はありませんので、お墓にもお仏壇にも、お盆だからと言ってそこに仏様やご先祖がおられるわけではありません。むしろいつもそばにいらしてくださいます。

ですから、浄土真宗では位牌を用いず、過去帳や法名軸を使用致します。もし浄土真宗のご門徒でご自宅に位牌がある場合はご自身で処分頂くか、所属寺の住職にご相談ください。