ご門徒様向け



ご葬儀

2014年04月06日(日) 住職(第18世住職)

 妙寂寺では、本堂にてご葬儀を執り行うことができます。詳細はお問い合わせください。



結婚式

2014年04月06日(日) 住職(第18世住職)



お仏壇のお荘厳(飾り方)

2014年04月06日(日) 住職(第18世住職)

お仏壇とは何か?

  • お仏壇はご本尊・阿弥陀仏をご安置する場所です。
  • 生きている私の為であり、死者の為ではありません。
  • お仏壇を通してご先祖が還ったお浄土を偲びます。
  • お仏壇でもっとも大切なのはご本尊・阿弥陀如来です。
  • ご本尊を通して、私に向けられた如来さまの願いを聞かせて頂きます。

お仏壇を求めるときに注意したいこと

  • お仏壇を求める時は宗派名(浄土真宗本願寺派)をはっきり伝えましょう。
  • ご本尊はお手次ぎのお寺を通して本山からお迎えしましょう。

普段注意したいこと

  • 仏具は定められた位置に置きましょう。
  • お仏壇に入れてはいけないもの(代表的なもの)
    • 他宗派の仏像
    • お札
    • 故人の写真
    • 位牌
    • お骨
    • 茶器やコップに入れたお茶や水
  • お仏飯はご飯を炊いたら必ずお供えしましょう。

お飾り(荘厳)の意味

  • 蝋燭(ローソク)
    • ローソクの火から、如来さまの智慧と慈悲のお心を味わいます。
  • 仏花
    • いきいきと咲く花から、如来さまのいのちを感じます。故に、トゲがあるものや悪臭・毒花は避けましょう。
  • お香
    • お香によって清らかなお浄土と如来さまのお慈悲を味わいます。線香は立てずに寝かせましょう。
  • 華瓶(けびょう)
    • 上卓にある華瓶。一対に水を入れ、樒(しきみ)または青木を挿して置きます。樒は香木なので、香水としてお供えします。仏さまのお恵みを浄らかな香水にして供えるところに敬いと感謝の心が込められていると言えましょう。


境内墓地

2014年04月06日(日) 住職(第18世住職)

現在、境内墓地に空き区画がございます。詳細はお問い合わせください。

又、当山の境内墓地はお寺の敷地内にある為、他宗派の方のご利用はできませんのであしからずご了承ください。



修復工事

2014年04月06日(日) 前住職(第17世住職)

本堂等平成大修復工事完成のご報告

平成二十五年四月

謹啓 慈光照護のもとご門徒の皆様にはお念仏ご相続の事と存じます。

 昨年八月より本堂等修復工事が始まり、特にお寺へお参りの方、境内墓地へのお参りの方々には大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、事故もなく無事修復工事が完了し、同封致しました写真のように立派な本堂屋根および山門が出来上がりました。

 ご寄付をいただいた多くのご門徒の皆様に改めてありがたく厚くお礼申し上げます。

 当初の予算にご寄付が達成しませんでしたので、計画を変更、あるいは材質等の変更等々により最低限必要な工事を選定しながら今日の完成を迎える事が出来ました。

 尚、当工事計画にて手の届かなかった鐘楼屋根葺き替え工事一式を寄進者二名のご門徒のご協力で現在進めております事ご報告させていただきます。

 来年五月までご寄付をお支払い頂く方は、今後ともよろしくお願い申し上げます。まだご寄付のお申し込みをされていない方は、現在もご寄付のお申し込みを受け付けておりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

 収支決算につきましては、来年五月が寄付払い込み最終月でありますので、その時点で収支決算報告させていただきますのでご理解下さいますようお願いいたします。

 以上簡単ではありますが、ご報告とさせて頂きます。今後とも妙寂寺護持にご協力賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

 貴家ご家族ご一同様のご健勝を心より念じ上げます。

合掌